マーケティングの神は細部にのみ宿る〜木をみて森を「見ない」方が一定レベルまでは強い|Nao's Blog
コラム

マーケティングの神は細部にのみ宿る〜木をみて森を「見ない」方が一定レベルまでは強い

こんにちは、Naoです。

ここ最近、通販事業の方でいろいろと試行錯誤をしてまして、改めて痛感したことをシェアしたいなと。

「マーケティングの神は、細部にのみ宿る」

「木をみて森を見ない方が一定レベルまでは強い」

ということです。

マーケティングの神は細部にのみ宿る

マーケティングというのは、「モノを売るための努力のすべて」を指す言葉です。

そのため、範囲が広すぎてよくわかりづらいという欠点があります。

マーケティングには、

  • マーケットリサーチ
  • コンセプトメイキング
  • クリエイティブメイキング
  • メディア戦略
  • リピート戦略

などなどいろいろ含まれます。

ただ、今回改めて感じたのは、

「すべてはお客様との接点をどうアレンジするか?ということに集約される」

ということです。

ここが強ければ、戦略がクソでも、究極、商品がクソでも顧客の信頼を得られるため、モノが売れるんです。

こうした真実をないがしろにして、上流なマーケティング戦略だけを論じていても、モノは売れるようにならない。

さらにいえば、もはやマーケティング戦略なんて本一冊読んだり、僕の動画一本見れば全体像は把握できて、戦略的な部分は新たに考えるものではなく、誰もが使えるツールとして取捨選択するようなものなのです。

抽象度の高い世界は、一見ムズカシイように見えて、実はその裏の公式さえ見つけることができれば、誰でも活用できる。

だから、誤解と批判を恐れずに言えば、そんなに重要じゃないのです。

むしろ重要なのは、顧客が目にする場所です。

画像・動画・テキスト・全体デザイン・コンテンツ

こういったものを良いバランスで配置できることのほうが、よほど重要なのです。

木を見て森を見ない方が一定レベルまでは強い

このように考えると、いわゆるマーケティング理論というのは、もっとあとで学べば良いということがいえます。

商品設計にもよりますが、年商数億レベルであれば、

  • webコンテンツの徹底的な強化
  • 広告導線の改良

この2つにだけひたすら注力していけば、普通に到達します。

もっといえば

  • CTR
  • CPA

この2つの指標だけに注力し、この2つの指標をひたすら上げるために費用を使い、投資を行い、PDCAを回す。

その過程でより市場にマッチする訴求を探り当て、商品を改善していく。

その他のムズカシイことは考えなくてOKです。

目の前の数値を改善することに全力を注ぐ。

そうやってやることを絞っていったほうが、力が分散しないので結果的によいパフォーマンスを得られます。

だから広告の管理画面に張り付きながら、自分でクリエイティブ作ったり記事修正したりLP改善したり、というのは本当に大事。

みんなそれできるようになりましょう。

ABOUT ME
nao
東京大学卒業後、メガバンクに勤務。在職中に副業としてアフィリエイトを開始。報酬が青天井の世界にのめり込み、独立。現在は、コンサルから縁を頂いた某メーカーの代表として経営実務にも従事。副業・個人事業・会社経営それぞれのフェーズで必要なマインドセット・ノウハウについて、実体験に基づく良質な情報を発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら>>

『副業から脱サラ起業し会社を作って大きくするためのやさしい教科書』無料配布中

POSTED COMMENT

  1. まつ より:

    はじめまして!

    まつと申します。

    Facebook広告について調べている時にNaoさんのブログにたどり着きました。

    現在は、コンサルは募集されていないのでしょうか?
    コメント欄から大変失礼で申し訳ありません。
    お返事頂けると嬉しいです。

    • nao より:

      コメントありがとうございます!

      もうすぐ、FBのコンサルor運用、ということで、定型化したサービスを展開しようと準備しております。
      その際はブログやメルマガで告知させていただきますので、もう少々お待ちくださいませ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です