夜ご飯のメニューで人生が変わるよという話〜サラダチキンとゆで卵と納豆と〜|Nao's Blog
コラム

夜ご飯のメニューで人生が変わるよという話〜サラダチキンとゆで卵と納豆と〜

僕はここ最近、夜ご飯に気をつけるようにしています。

夜ご飯に気をつかうようにしてから、いろいろなことが好転しているように感じます。

今日の記事では、夜ご飯という切り口から、ちょっとしたタメになる話をさせてください。

飲み歩いてダメになってた頃

僕は、ちょうど会社を辞める直前から直後にかけて、だいぶ荒れた生活をしていました。

副業の収入が月に数百万円とかはいってくると、
無敵になったような気分になるわけです。

それで、食べ歩く、飲み歩く。

会社には辞めるとすでに伝えて、
引き止められている時期だったので
いろいろもうどうでもよくなってしまい、
深夜まで飲むこともザラでした。

会社を辞めてからも、
謎の開放感と、謎の焦燥感があって、
夜いてもたってもいられなくなって
外食して3〜4杯酒を飲んでしまう。

テンションがあがってしまい、
そのままキャバクラやガールズバーにいってしまうこともありました。

その結果、、、

僕はとても太りました。

筋トレしても痩せない

しばらくして、そういう荒れた生活はさすがにやめました。

それと同時にジムに通い始めました。

通っているジムは、ガチ勢で有名な金色のジムです。

自分の2倍くらいの大きさの男たちに囲まれながら、
日々筋トレにはげんだ結果、
ベンチプレスは80kgまで上がるようになりました。

でも、しばらくやってみて気づいたのですが、、

いくら筋トレしても痩せない。

むしろ、どんどんどんどんデカくなっていきました。

なぜならば、荒れた生活こそしていなかったものの、
僕の食生活水準はたぶん異常になっていたからです。

毎回3000円以上の外食をしていては痩せない

ジムに通っているのと、生活の荒れ具合が落ち着いたので、
僕は「自分は健康に向かっている」と思い込んでいました。

なので、昼も夜も、暴飲暴食をしない範囲で、
好きなものを食べていました。

夜は、近所のチェーン店ではないレストランで、
一人でつまみとおかずと主食を頼み、
ビールとハイボールを頼む。

そうすると、安くても3000円〜5000円くらいします。

これをほぼ毎日繰り返す。

今思えば、痩せるはずがありません。

晩酌の無意味さ

そしてこの頃、致命的な問題が発生しました。

アフィリエイトの収入が落ち始めたのです。

代表を任された法人の実務的な仕事もあいまって、
アフィリエイトに割く時間が減ってしまい、
しかも夜はちょっと酒を飲んで、
脳のレベルが低下した状態で記事を書く。

そしてまた悶々とする。

完全に負のスパイラルです。

UBER EATSは天敵

またUBER EATSでタピオカジュースを頼むのもハマっていました。

他にも、よく頼んでいたのは、
インドカレー屋のセット。

これがクセモノで、結構高い。

UBERへの月の累計支出金額が5万円近くになり、
「ん?なんだこれは?なにをそんなに頼んだっけ?」
と思っても、実はそのくらい行ってた、なんてことが結構あるわけです。

そして何よりすべてが高カロリー。

夜ご飯をサラダチキンとゆで卵と納豆にすればすべてが解決する

そんなこんなで、いろいろうまく回っていない感じがしていたところで、ある決意をしたのです。

「夜ご飯はサラダチキンとゆで卵と納豆しか食べない」と。

もちろん、会食や懇親会などは参加しますが、ただなんとなく流れでいつも参加しているから、という懇親会はあまり出ないようになりました。

とにかく、無駄なことはせず、サラダチキンとゆで卵と納豆で夜はしのぐ。

サラダチキンとゆで卵と納豆だと合計300円くらいですし、無駄な脂肪もない。

筋トレ後のタンパク質補給にもなる。

酒も飲まないから、夜にアフィリエイトをやるのもはかどる。

ナショナルエコノミーの点数もどんどん上がる。

そして、たまに飲む酒がとてもうまく感じる。

食費と幸福度のコスパ

こうやって、1食にかける金額のアップダウンを経験してきた中で思うのは、
かけた食費と、その食事からの幸福度は、まったく比例しないということです。

当たり前といえば当たり前ですが。

一人2万円近くするカウンターの寿司はとても美味しかったし、
大将の心遣いなんかも含め、とてもラグジュアリーで幸福な時間だったといえます。

一方、創作的な出し方をする有名焼肉店もそれくらいの値段がしましたが、
行く人がいなかったので急遽声をかけたどこかのお店の女の子と食べたからか、
スペシャル感はありませんでした。

久々にあった旧友と、鳥貴族で今後について話して、
会計が2500円だったのは、とても楽しかったです。

一人でよく行く近所の中華で、
餃子とよだれ鶏とチャーハンとビール2杯で3500円。
これはカロリーに関する罪悪感が強まります。

そんな中で、
サラダチキンとゆで卵と納豆の300円の晩ごはんは、
自分をとても前向きにさせてくれ、
それぞれまあまあ好きな食材だし、
幸福度はなかなか高いわけです。

その意味でいくと、個人的には最も幸福に関してコスパが良い晩御飯が
「サラダチキンとゆで卵と納豆」なのです。

無駄遣いと無駄なカロリー摂取をやめて、
前向きに時間とお金使っていきましょうね。

再度、自戒を込めて。

ちなみに、僕がダメになりかけるほどに収入をもたらした副業について語った記事があります。

興味のある方は飛んでみてくださいね。

>>メルマガの案内ページはこちら

ABOUT ME
nao
東京大学卒業後、メガバンクに勤務。在職中に副業としてアフィリエイトを開始。報酬が青天井の世界にのめり込み、独立。現在は、コンサルから縁を頂いた某メーカーの代表として経営実務にも従事。副業・個人事業・会社経営それぞれのフェーズで必要なマインドセット・ノウハウについて、実体験に基づく良質な情報を発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら>>

『副業から脱サラ起業し会社を作って大きくするためのやさしい教科書』無料配布中

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です